治る力

HOME  ひまわり通信  ひまわり通信2020-04

夢を生きるのが現実です!!

2020年04月

 

重い疾患になると、大部分の人は負の部分に意識をむけて、その事を軸に対拠しようと動きます。
そして、負のスパイラルにはまってしまうのです。
いつも、症状や病気や問題、やらねばならないことで、いっぱいいっぱいで治す本質から遠くなってしまうのです。
でも、それが現実だからしょうがないという声もしますが、それが「負のスパイラル」です。

では、治す本質とは何かというと「以前とは違う健康体で活躍している姿」をイメージしながら、今を生きていくことです。こんな姿でそれはムリと思っているならムリです。
今は辛い状態かもしれませんが、だからこそ「希望」に向かっていくのです。
病んだからこそ新しい自分を創りあげるチャンスなのです。資源はあなたの頭の中にあるのです!!

望む理想の暮らしを百でも二百でも書き綴っていくのです。
その1つ1つを具体的に実現にむけて心の準備とアイデアを練っていくのです。

それには書く時間を設定する必要があります。
日常や手当てが忙しいからこそ時間を作るのです。
十分でも十五分でも妄想かもしれないと思っても書いていくのです。
一挙には書きません。
毎日書き足し書き変え、どんどん夢をふくらませていくのです。
私は、辛い時、孤独のどん底の時「笑う」という行為が私を救い、理想の自分を暮らしの中で生きることで今があります。

辛い状態だからこそ「希望」が必要なのです。
ゲーテ曰く「自分自身が自分の夢であれ」と、そして私は「夢を生きるのが現実です」と宣言します。

 

(文責 市川)

その他の記事