治る力

HOME  ひまわり通信  ひまわり通信2013-02

"自己信頼の高まる一年にする!"

2013年2月

 二月三日は節分です。この日を大切な日として、出発致しましょう。
疫(やく)を払い、春を迎える一年の節目としましょう。心の中の望む事を明確にし、新しく自己信頼の高まる行動的な一年としましょう。

まず、心のカバンをひっくり返して整理を始めましょう。"心ぐせ"に気づく大切な時を持ちましょう。

< 気づき力項目 >
一、もう一人の賢い自分(俯瞰力)から今の自分の姿を観察する。
二、誰に何に一番影響を受けているか洞察する。
三、どんな時、どんな事で、力が湧いてくるか感じてみる。
四、価値のある未来の自分像をありありと描く。
五、誰に何をどのように一番認められたいかイメージする。

気づき力から出てきた項目を具体的に書き出す事で、本当に求められている自分を明らかにします。よく吟味して終えたら自己信頼の高まる行動指針を作ります。

< 行動指針 > 案
一、何事も自分が決めて即行動する。
二、苦手意識を克服し、心の筋肉を鍛える。
三、力強い仲間と会って意志力を高める。
四、一日できた事だけ認めぐっすりと眠る。
五、どんな時も、自分への思いやりを持ち、持続できる行動力をつくる。

それができたら具体的な目標や行動スケジュールをたてていきましょう。何よりも楽しみながら行動指針を軸に一日のスケジュールをたてます。

最新の脳の認知科学研究から立派な良い事、正しい事をするよりも自分自身が納得することを力強く実行するとセロトニンやγ(ガンマー)アミノ酪酸などの脳内科学物質が出て、気分をゆったりと高揚させ、オキシトシンなど作用し、リラックスしながら気分を活性させることがわかってきました。その事が免疫機能を高め治癒反応を促進してゆくというのです。即ち"自己信頼に基づく行動力"が活力溢れるあなたに!!

(文責 市川)

その他の記事