治る力

HOME  ひまわり通信  ひまわり通信2016-04
NEWS 輝く人 トピック 手当のヒント 台所はくすり箱 京都講座レポート 新人ミホのオススメアイテム!!

"痛み"の本質を紐解き癒す法!!

2016年4月

様々に起こる出来事と人との出会いを活かすも反古(ほご)にするも、自分の解釈と行動次第なのです。

  • 病気
  • 別れ
  • 経済困窮
  • 人との不和など

一見不幸にみえることは、人生の課題であり、チャンスと捉えるのです。
かく言う私自身、ここ十数年来、胸をかき乱すでき事の連続で、一時は、仕事を縮小しようとしました。
どんなに使命感に燃えていても、一人でできる事は、たかだかしれています。
今のままでは、砂上の桜閣の様に思えてきたのです。

多くの方々の生命の灯台としてやり抜く覚悟はそておても、足下が、盤石ではありませんでした。
根元から考え方を検討していきました。

 この仕事は、一時も気が抜けません。
来る日も来る日も続けるだけではダメだと解ってきました。

 悩み抜いて、体調は崩れ、声も全くでなくなりました。
そして、”物わかりのいい人などやめてしまえ!!”と内側から沸いてきました

一から始めた仕事です。一からやり直そうと覚悟を決めました。

本気で一人で全国行脚する事も決めました。

すると、不思議な事が次々と起こってきました。

  • 2〜3の出版社からオファーはくる
  • 講義依頼は知らない所からもきました

力ある忙しい仕事を持っている友人や息子夫婦も協力を申し入れてくれます。愛ある厳しい批判もしてくれました。

何よりも多く学んだ仲間達が励まし支えてくれました。いつの間にか淀んでいた心が一瞬に晴れる思いがしました。

 この事をバネに「ひまわり」は大きく展開していきます。
どこでも行きます。呼びかけに応じ多くの仲間を増やして市川式手当法を広めます。

今、病んでおられる方々もどうかその辛さをバネに立ち上がり、二度とない人生を意義ある楽しい人生を築いて下さい!!

(文責 市川)

その他の記事