治る力

HOME  ひまわり通信  ひまわり通信2016-10
NEWS 輝く人 トピック 手当のヒント

四魂に遊ぶ

2016年10月

人の中に四つの魂が住んでいると言われています。
それらは、

☆奇魂(くしみたま)
予期せぬ方向へ導かれて、出会いを重ね自己が形成される新しさを求め続ける魂。

☆荒魂(あらみたま)
嵐のような混沌の中に置き、どうしようもない荒々しさを吹き出せようとする激しい魂。

☆和魂(にぎみたま)
人と結びあい、自然と調和していく落ち着きを求める魂。

☆幸魂(さきみたま)
幸せを求め、愛を育み、希望へと歩んでいこうとする魂。伊勢神宮の中にそれらを祀る社があるのをご存知だと思います。

日本人は、しらずしらずの内に、成長の節目や“一年の計“にこの四魂を静め、本来の生き方ができますようにと神に祈ってきました。
成長の節目(お宮参り、七五三参りなど)にはホルモンバランスが変化を遂げ、心身の調和が難しくなります。その折には、神前に祈り、決意新たに”気“を引き締めて人生を生きるようにするのです。
親の願いであり、四魂の願いでもあるのです。
そこで、私は21世紀この時代を自由自在にこの“四魂を遊ぶ”心意気で自己に磨きをかけ輝いている術を提案し続けたいと思います。
”四魂“に翻弄されない程度に思い切り良く(笑)

来たれ!!伝授会、計測会そしてプロコース・言霊アカデミー

(文責 市川)

その他の記事