治る力

HOME  ひまわり通信  ひまわり通信2018-12

治療からセルフケアそして素敵な人生へ シリーズ3

2018年12月

先月の「己を知り、自信を持って人生を築いていく柱」は一体何だと思われますか?
それは「決してあきらめないこと」どんな苦境にあっても「道は拓く」と歩みだすこと。

身体が酷烈な状態にあろうと八方ふさがりであろうとその1つ1つに立ち向かう
勇気さえあれば「治る力」は必ずみえてくるのです。

ほんの兆し程度でも、良好な事柄が感じられたらしめたもの。それが「治る力」なのですから。
小さな変化を喜び、学んだ技術が身体に響いて好転し出すまで、徹底して行うことです。

「これだ!!」と思えたら、最高ですが、思えなくてもなにかつを手掛かりに「あっ?!」と感じたり、
ぶち当たる迄、やり抜くことです。

よく「私は徹底が苦手」という方がいます。その方は、たぶん危機感が鈍いか徹底を誤解しています。
鉄人のように強く立ちむかうことと勘違いしていませんか?
「徹底」とは底を経験してたたずみ、その人らしくそれを貫き通すことですから、中途半端に投げ出さないことです。

愚直に歩み続けることしかありません。
迷いやつまづきの時は、治した経験豊富な私達がすぐそばに居ます。

その意味を紐解くヒントと確かな技術、知恵を提案致します。

そして、あなたがあなたにしかない「治る力」に出会う迄、私達は決してあきらめません!!
それが「市川式の真髄だから!!」

 

 

(文責 市川)

その他の記事