治る力

HOME  ひまわり通信  ひまわり通信2019-01

恭賀新年 本年もどうぞ宜しく。

2019年1月

一年の初めは心新たな決意で歩み出す気に満ちています。
今年は元号も新しくなる節目でもあり、どんな年にしたいのか、どのように歩んでいくのか、しっかりとイメージすれば " 気迫 " も沸いてくるでしょう。

本年は「冷暖自知(れいだんじち)」と「啐啄同時(そくたつどうじ)」という禅語を私流に紐解きましょう。

"冷たい、暖かい、苦しい、素晴らしい" と言ってもその人自らがその体験の妙味を引き出し得るしかないのです。

"啐" とは、卵の中の鳥が機が熟し殻をつつくと " 啄 " とは外から親鳥が殻をつついて " 同時 " に破る瞬間です。
内に秘めたれた情熱や培った技術が時を得て、外からの呼びかけに応じるその瞬間とも言えるでしょう。

どのような体験、経験をも知性と感性に依って味わい尽くす覚悟で物事に取り組む時、思わぬ師や機会が訪れるものです。

ひまわりの活動も4月から大きく変わります。"乞うご期待あれ!! "

新時代にふさわしい人材育成と広く普及のシステムを構築してまいります。
どうか、皆様方のご支援とご理解をお願い致します。

 

 

(文責 市川)

その他の記事